1. ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 阿部 友樹 - 先輩へのインタビュー

採用情報

サンプラザ薬局 薬局責任者/薬剤師 阿部 友樹

薬剤師を目指したきっかけをお聞かせください。

将来、どんな仕事をしたいかを考えたときに、人のためになる仕事、自分でそれを感じることができる仕事がしたいと思っていました。また、化学が好きなことや幼少期に病気がちで薬を飲むことで体調が良くなった経験があり、薬学部に進学しました。
実際に薬剤師として働くと、患者様から感謝の言葉をもらうことが多く、励みになっています。

薬剤師を目指す中でサンプラザ薬局を選んだ理由は?

私の地元が枚方市ということもあり、サンプラザ薬局で薬局実習をさせて頂きました。約3ヶ月の実習中に、サンプラザ薬局の薬剤師が患者様から信頼されていると感じたエピソードがいくつもありました。特に印象的だったのが、退院後に他の薬局が在宅に入る予定だったところを患者様の強い希望で、サンプラザの薬剤師が在宅に入ることになったエピソードです。在宅訪問を行うに当たっての契約の際も同行させて頂いたのですが、患者様がこれまでもサンプラザの薬剤師さんにお世話になっていたから、変わらずこれからもお願いしたいとおっしゃっておりました。患者様の薬剤師への信頼を感じましたし、自分も薬剤師になるなら信頼される薬剤師になりたいと思いました。また、実習中に薬剤師さんたちが勉強熱心で、患者様のために仕事をされているのを見ていたので、自分もその中で薬剤師として働きたいと思い就職を決めました。

現在、店舗責任者として頑張っていらっしゃるとお伺いしました。

自分以外のスタッフが皆先輩の中、店舗責任者として働くことになり、プレッシャーを感じることも多々ありました。ですが、前任者からの引継ぎも丁寧でしたし、店舗責任者の経験がある薬剤師の先輩が店舗に配属になり、色々とサポートして頂きました。ブロック長も徒歩3分ほどの店舗にいつもいらっしゃったので、分からないことがあればすぐに話にいける状況でした。このような先輩方の手厚いサポートがあり、店舗責任者としてなんとかやっていくことが出来ました。店舗責任者となっても、一人ひとりの患者様に向き合って仕事を進めていくことは変わりないですが、今まで以上に視野を広く持つことを意識しています。近隣の医療機関との関係であったり、待合室の様子を把握したり、スタッフの体調を確認したり。また、私自身も働くときは働き、休む時は休むといったメリハリをつけたいと思っていますし、会社としても有休休暇はしっかり取得できるように取り組んでいるため、スタッフ一人ひとり出来るだけ希望に添えるように有給休暇の取得の計画を行いシフトの調整をするようにしています。

勤務されている薬局は如何ですか?

門前の医院は内科で、地域のかかりつけ医としてご活躍されており、高齢の患者様が多いです。医師が直接薬局にいらっしゃって薬に関して質問されたりすることもあるので、期待に応えられるように日々勉強しています。門前の医院以外にも毎月100を超える医療機関からの処方箋を受け付けており、幅広い科の薬物治療に携わっています。OTCや介護用品の販売、簡易血液検査の実施なども行っています。

今後の目標をお聞かせください。

現在、薬剤師4年目なので、まずは薬剤師としての知識をさらに深めていきたいです。プライマリ・ケアや終末期医療にも興味があるので、社外の勉強会などにも参加しています。店舗の目標としては、医薬連携・薬薬連携をさらに行うことです。地域の病院や診療所の医師などが参加している勉強会や多職種勉強会には参加し、まずは顔を知ってもらえるように努力しています。

経歴

  • 京都薬科大学 卒
  • 大阪府出身。’17年入社。好きな食べ物は焼肉、餃子、ラーメン。趣味は映画鑑賞。特技はどこでも寝られること。休日は美味しいご飯を食べに行ったり、友達と飲みにいったり、映画を観たりして過ごす。

ページトップ