1. ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 髙橋 佑介 - 先輩へのインタビュー

採用情報

サンプラザ薬局 店舗責任者/薬剤師 髙橋 佑介

薬剤師を目指したきっかけをお聞かせください。

母の仕事が看護師であり、子供の頃に体調が悪い時、薬を飲むと楽になることから、薬に対して興味を持ったのが最初のきっかけでした。その後薬学部に進学し、色々なことを勉強していくうちに、調剤薬局の薬剤師になりたいと思い始めました。調剤薬局は患者さんとの距離が近く、また在宅医療が進む昨今、病気になる前も、病気になった後も、どちらの状態の患者さんとも関わることができるためです。その中でサンプラザ薬局を選んだ理由は、健康フェアや学校薬剤師等の地域貢献の活動に積極的であり、また薬局見学をした際、働いている人たちの表情が活き活きとしていたからです。

学生の頃から地域活動に興味があったのですね。サンプラザ薬局での地域活動について詳しく教えてください。

入社してから様々な地域活動に関わってきましたが、その中でも印象に残っているのが、学校薬剤師として、小学校でくすりについてや薬物乱用防止についてなどの講義を行ったことです。自身が仕事としての薬剤師に興味を持ったのも、自分の学校でのお薬の講義がきっかけだったので、入社以前からやってみたいと思っていた活動でした。話す相手は小学生なので、しっかりと興味を持ってもらえるように、鉄剤と水、お茶をそれぞれ混ぜて、お茶と混ぜたほうにだけできる沈殿を見てもらい、何故くすりは水で飲んだほうがいいのか理解してもらう等、一方的に話すだけでなく、くすりに関わる簡単な実験をしてもらったり、簡単な質問をして答えてもらったり、子供たちの表情を見ながら進めていくことを心掛けました。

現在勤務する薬局はどんな特徴がありますか?

うちはいわゆる『町の薬局』で、大きな道路には面していない小さめの店舗なので、混雑することは多くありません。ですがその分患者さんとの距離が近く、処方箋がない時でも薬や健康の相談に来てくださる方が多いです。お薬や健康についてお話をするだけでなく、世間話等も交えながら話をするのはとても楽しいです。

今後の目標をお聞かせください。

上記でもお話しましたが、処方箋がなくても気軽に薬局に来て頂き、お薬相談ができる薬局づくりを目標としています。私は、薬局薬剤師は、地域で一番身近な医療人だと思っています。ほんの僅かな体調不良、健康に関する不安を感じた際、まずは薬局の薬剤師さんに相談してみよう、そう思ってもらえるような存在になりたいと思っています。その為に自身もしっかりと知識を身につけることが大切なので、日々新しい情報に目を向けるように心掛けています。自身の目標は、指導薬剤師の資格取得です。学校薬剤師もそうですが、次代の薬剤師を増やすこと、育てることに貢献したいです。

経歴

  • 京都薬科大学 卒
  • 山口県出身。‘15年入社。好きな食べ物はオムライス。趣味はゲーム。特技は妻の喜ぶスイーツを選ぶこと。休日は妻と日用品の買い物兼デートをして過ごす。最近嬉しかったことはコロナで延期していたフォトウェディングを撮影できたこと。

ページトップ