1. ホーム>
  2. サンプラザの目指すもの>
  3. 薬剤師としての職能向上

サンプラザの目指すもの - 薬剤師としての職能向上

日本薬剤師会学術大会発表

私たちは、日本薬剤師会の主催する「学術大会」等に積極的に参加し、多角的に薬剤師の職能向上を支援しています。この大会では応募者の多い中、毎年演者として選ばれ発表しています。

2017年 疑義照会の実情と課題
~医師の思いと薬剤師の思い~
2016年 24時間相談受付の実情と課題
~地域医療の中でかかりつけ薬剤師に求められること~
2015年 地域の健康は私たち薬局薬剤師が守る!!
~自己採血による血中HbA1c測定を通して~
2014年 保護者の求める服薬指導、その傾向を探る
2013年 薬剤師によるくすり教育への参画とその効果
2012年
  • ・長期実務実習における「共育(共に育つ)」のために
    ~実習生および大学教員からのアンケート調査より~
  • ・子供に与えるお菓子に対する意識調査
    ~薬局薬剤師の立地から~
2010年
  • ・漢方服薬指導時の疑問点に対するマニュアル作成とその有用性
  • ・かかりつけ薬局の果たす役割とは ~在宅医療のきっかけ作りを例に~(ポスター発表)
2009年
  • ・長期実務実習受け入れ体制の検討 ~大学4回生及び大学教員へのアンケート調査をもとに~
  • ・代替調剤の今後と展望 ~3年前との比較・検討より~
  • ・今、患者が求める調剤薬局とは? ~多様化する患者要望に対応して~(ポスター発表)
2007年 何が出来る?薬局薬剤師!第一回健康フェア開催
2006年 代替調剤解禁! ~変化する医薬連携を考える~
2005年 健康食品・サプリメントの情報提供について
2004年 求められる夜間・休日対応を目指して
2003年 疑義照会すべき事項の緊急性分類と実状
2002年 点眼剤の安定性について
2001年 情報提供と薬剤師の役割、患者のアンケート調査によるお薬手帳の評価
2000年 患者の薬に対する考え方と医薬分業
1997年 これからの在宅訪問活動について
1996年 患者の薬に対する考え方と医薬分業
1995年 院外処方箋需要薬局における重複受診による薬の飲み合わせを含めた患者への服薬指導
1994年 院外処方箋需要薬局における抗癌剤を含む服薬に関するアンケート調査


医薬情報研究会・交換会

医薬情報研究会は医療の核をなす薬物療法について、薬剤師からも積極的に臨んでいく趣旨のもと、医師・歯科医師・薬剤師ならびに医療にかかわるスタッフによって組織された任意研修組織です。
交換会では、医療にかかわる専門家の方を講師にお招きし、最新医療の現状は医薬品の適正使用・相互作用などをテーマに医師と薬剤師が一緒に勉強をする場を設けています。
最新の医薬や医療に関しては、メーカーから情報を入手するだけでなく、医師・薬剤師ならびに医療に関わる専門家の方々を講師にお招きし、各種研修会を開催しています。

薬剤師あゆみの会

「質の高いコミュニティファーマシスト」の研修育成を目的とした、「薬剤師あゆみの会」の発起メンバーとして、薬剤師のレベルアップのために実践を通しながら薬剤師の育成につとめています。

薬剤師あゆみの会について詳しくはこちら>>

ページトップ