1. ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 川端 祥江 - 先輩へのインタビュー

採用情報

サンプラザ薬局 薬剤師 川端 祥江

薬剤師を目指したきっかけをお聞かせください。

小学生の時、病院の薬剤師の方がとても丁寧に説明してくれて、子供心ながらに「かっこいい!」と感じたのがきっかけでした。また、理数系科目が好きだったこともあり、自分の得意分野を活かせる仕事、そして憧れを実現したいという情熱から、将来は医療に関わりたいと思うようになりました。

夢を本当に実現されたんですね。

小学校の卒業文集に、「将来は薬剤師になりたい」と書いていたほどですから。卒業文集に書いた私の夢を覚えてくれていた友達からは、「本当に夢を叶えたんだね!」と褒めてもらえました。

数ある薬局の中からサンプラザ薬局を選んだのはどうしてですか?

就職活動の時から、地域密着の薬局で勤めたいという希望がありました。サンプラザ薬局の見学を通して、患者さんに寄り添っている仕事風景は、私が思い描いていた地域密着型の薬局そのものでした。さらに、医療機関の先生方としっかり連携を取りながら調剤業務をしていた点もとても魅力的で、ここに決めました。

実際に入社されて如何でしたか?

勤務したどの薬局も、思い描いていたとおりの地域密着型でした。患者さんの目線に立って相談にのったり医療機関としっかり連携がとれていて、とてもやり甲斐を感じています。

理想通りの仕事環境だったのですね。入社してから様々なライフイベントを経験されてきたと思いますが。

一番大きいのは結婚と出産でしたね。この2大イベントを経験すると、女性の負担はどうしても増えていきます。世間ではそのために仕事をあきらめる人もおり、私自身も随分悩みました。ですが、入社時からずっとお世話になっている方が、育休中に自宅まで来ていただいたり、先輩方にもよく相談にのっていただけました。そうしているうちに、自分を育ててもらった会社への恩、そして何より薬剤師という夢をせっかく叶えたのだから無駄にしてはいけないという思いが、ブランクを最小限に抑えた復帰の後押しとなりました。

会社のサポートは心強かったでしょうね。復帰されてからのお仕事は如何ですか?

以前は店長として重責を担っていましたが、復帰後は店長経験を活かして店長のサポート役を意識して日々業務にあたっています。生活スタイルに合わせた夕方5時までのシフト制で、育休前と変わりない業務に従事させてもらっています。無理なく働ける環境を用意してくれるので、これから先もずっと安心して働いていけます。

今後の目標をお聞かせください。

かかりつけ薬剤師の要件クリアが目下の目標です。入社した頃と比べて、現在は薬剤師に求められるスキル、環境が大きく変化しています。在宅訪問やかかりつけ薬剤師など、患者さんと1 対1 で接するうえでのコミュニケーション能力、人間力がより求められています。処方箋が無くても気軽に相談に来てもらえる、そんな患者さんや地域の方々に頼られる薬剤師を目指したいです。
以前勤務していた薬局では、多くの患者さんと信頼関係が築けていたので、私の名前を覚えていただけていた患者さんが多かったのですが、今の薬局では、また同じように1 人でも多くの患者さんとの関係を築いて、「川端さん」と指名してもらいたいですね。

経歴

  • 北陸大学 卒
  • 山口県出身。‘05年入社。店長を経験し、産休・育休を経て、現在は店長のサポート役として業務に取り組んでいる。好きな食べ物は納豆とトマトで特技はピアノ。休日は娘と公園で一緒に遊んで過ごす。最近嬉しかったことは、子どもに「ママ」と呼んでもらえたこと。

ページトップ