1. ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 山田 浩志 - 先輩へのインタビュー

採用情報

サンプラザ薬局 薬局責任者/薬剤師 山田 浩志

薬剤師を目指したいきさつをお聞かせください。

実は、最初は観光業に携わりたいと考えていました。それは育った環境が影響していたと思います。
両親が歯科医でしたので、子供の頃から患者さんと接する機会が多かったんです。そういう様々な人と接する環境で育ってきたため、人とのコミュニケーションは得意でしたし、幼少のころからの憧れであったパイロットの夢も観光業の道を考えた動機でした。
ですが紆余曲折があって、気が付けば医療分野で人のお役に立ちたいと思うようになり、薬剤師の道を決めて薬学部に進学しました。

ユニークな転身だったのですね。サンプラザ薬局を選んだきっかけは何だったのでしょうか。

まず、病院薬剤師か薬局薬剤師のどちらを目指すか悩みました。薬学部時代の現場実習を通じて、薬局の窓口は患者さんとお薬以外の話題も気軽に出来るフレンドリーな雰囲気があることを肌で感じて、調剤以外の場面でも患者さんと触れ合うことにやりがいを感じました。この経験によって、人と接するサービス業が適職だと思っていた自分には薬局薬剤師がピッタリなんだと思うに至りました。
サンプラザ薬局は、コミュニケーション力が欠かせない地域密着に積極的に取り組んでいることを知り、地元の患者さんの身近な存在になっているという点に他局にはない魅力を感じたのでここを選びました。

研修や勉強会など、サンプラザ薬局の人材育成プログラムはどう活用されてきましたか。

サンプラザ薬局では月1回社内勉強会が開催されていて積極的に参加していました。また入社してから3年間は「薬剤師あゆみの会」の研修にも参加し、他社の方と様々な情報交換をしていました。また最近では、薬剤師会が開催している学術大会にも参加し、最新の情報を仕入れるように日々努めています。
特にあゆみの会での研修は、他社の方と交流ができるので、自分たちの業務、活動を客観的に見ることが出来たり、他の会社の良い活動を自分たちの薬局に取り込めたり出来るよい機会です。ちなみに、妻と出会ったのもあゆみの会でした。私にとっては公私ともに非常に有意義な研修でした。

入社2年目から薬局責任者になられていますが、ご自身のキャリアアップをお聞かせください。

入社後2年目から管理薬剤師として勤めています。最初はプレッシャーを感じる事もありましたが、まずは管理薬剤師としての業務と、引き継いだことを確実にこなすことに努めました。気が付けばスキルは自然と身についていて、次は自分がやりやすいように作業の効率化を意識するようになり、自分ならではの改善が出来るまでになりました。

現在勤務されている薬局は如何ですか。

ここは小児科医院に隣接している薬局なので、そこからの処方箋は多いのですが、駅前の立地ということもあって、通勤通学の途中でご利用される患者さんにも活用いただいています。私を覚えていただき、世間話しまでもしていただける患者さんとの触れ合いに、日々やりがいを感じてとてもうれしく思っています。

今後の目標をお聞かせください。

多くの薬剤師に「かかりつけ薬剤師」になってもらえるように、管理薬剤師として働きかけをしていきたいと思っています。ただし、かかりつけ薬剤師と言っても、今までやってきた業務から大きく変わる事ではありませんので、患者さんと他愛もない話しが出来るくらいフレンドリーな関係が作り出せる薬剤師を自ら率先して目指したいですね。それを実現するきっかけのひとつとして、かかりつけ薬剤師制度の活用を考えています。
また、個人的には実務実習薬剤師になりたいと思っています。実務実習が出来る薬局を昔から目指していたので、薬剤師を目指す学生さんの指導をたくさんやっていきたいですね。

経歴

  • 京都薬科大学 卒
  • 広島県出身。‘14年入社。好きな食べ物はカレーと甘い物で特技は料理。趣味は旅行で、社会や歴史の授業に出てくる名所を実際に見てみたいと思ったのがきっかけ。飛行機大好き。休日は自転車や徒歩でどこかに出かけて過ごす。

ページトップ