1. ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 横林 俊和 - 先輩へのインタビュー

採用情報

サンプラザ薬局 ブロック長/薬剤師 横林 俊和

薬剤師を目指したきっかけをお聞かせください。

実務実習先で薬剤師の先生から、「病院は薬局と違って注射薬や点滴が扱えるメリットがあるよ」と言われ、最初は病院薬剤師になりました。先述のメリットに加え、薬の知識も増えていきましたが、患者さんに処方箋を渡すだけの機械的な日々。「この患者さんが薬局で薬をもらってどんな説明を受けているのか」、「薬をちゃんと飲めているのだろうか」、お薬を処方する者としての責任をどう果たせばいいのだろうかと考えるようになりました。そんな矢先に勤めていた病院が倒産してしまい、お薬をもらった患者さんの“その後”を知らなければ薬剤師としての責任を果たせないと思って、薬局に転職する決意を固めました。

サンプラザ薬局に転職したきっかけは何だったのですか。

多忙な毎日の中、どこの調剤薬局にしようかと思っていたところ、気さくな役員の方が勤務先にお越し下さり、その本気度と熱意に強く心を打たれ、迷うことなくここにしようと決めました。

運命の巡りあわせですね。サンプラザ薬局に転職されてからこれまでのキャリアアップは如何ですか。

病院での経験を積んでいたためか、ほどなくして店長に抜擢してもらいました。嬉しかった反面、薬局の知識がない状態で店長という地位をもらったことで、当初は結構な苦労を重ねて大いに悩みました。ですが、サンプラザ薬局では管理職研修に力を入れていて、社内外の研修に行かせてもらったことでマネジメントスキルなどを学ぶことができ、気が付けば店長としての仕事を自然にこなせるまでに成長していました。

とても苦労されて大変だったと思います。どうやって困難を乗り越えられたのでしょうか。

やはり、充実した管理職研修を受けさせてもらったことが大きな自信につながりましたね。店長=管理職としてはマネジメントスキルが重要。それさえ身につければ薬局の知識はあとからついてくるし、分からないことはスタッフに聞けばよいという考えになり、気持ちがとても楽になりました。自分に足らない知識と能力の向上にどん欲に取り組んだことが、大きな壁を乗り越えられた原動力でしたね。

パワーアップした店長として現在勤務されている薬局はどのような特色がありますか。

近隣に小児の専門に特化した病院がある薬局ですので、患者さんは大阪府下一円からいらっしゃり、特殊な疾患を抱えた患者さんに指導する専門性に特化した薬局です。
小児専門なので薬の処方も専門的。処方箋だけでは、子供さんがどんな病気でどんな状態なのか分からないことがあるので、病院の薬剤部の方と頻繁に情報交換して、しっかりフィードバックをいただいています。病院の処方に関しては、近隣の薬局より病院とこまめに連携をとっている当局が一番よく分かっているし、確かな指導が出来ていることに自信があります。

今後の目標をお聞かせください。

私が心がけてきたことは“方向性の見える化”です。意見を言いやすい職場づくりから始まり、薬局の現在の状況とこれからの方向性、ビジョン、そして目標達成のための行動計画、これらを明確に示してスタッフ一同と共有することです。この“見える化”は薬局において数々の成果をもたらしてきたので、この取り組みをブロック長として、今後はブロックに広げていき、各薬局長の自主性を育んでいきたいと思っています。

経歴

  • 神戸薬科大学 卒
  • 大阪府出身。病院勤務を経て’06年入社。数々の店舗で店長として働き、最近では新店舗の立ち上げを任された。趣味はオンラインゲームで特技はバドミントン。最近嬉しかったことは、娘が誕生日に手紙を書いてくれたこと。休日は家族そろっておでかけするのが楽しみ。

ページトップ