1. ホーム>
  2. サンプラザの目指すもの>
  3. 処方箋調剤

サンプラザの目指すもの - 処方箋調剤

安心・安全…最新の機械化充実・服薬指導

サンプラザ薬局では、ピッキングサポートシステムや監査システムなど「調剤過誤防止システム」をいち早く導入し、コンピュータによる的確な「薬歴管理」など、安心・安全なお薬の提供を行っています。

また、軟膏調剤機や水剤自動分注機を導入し、お薬が人の手に触れる機会を最小限に抑えることに取り組み、薬剤師が薬剤師本来の業務「服薬指導」等に励む環境を整えています。

便利…処方箋事前受付・ブラウンバッグ

サンプラザ薬局では、全局でFAXによる処方箋の事前受付を行っております。
医療機関から発行される処方箋を、ご来局頂く前にFAXでお送りいただければ、患者さまにお待ちいただく時間を短くすることができます。

また、当薬局では、ブラウンバッグ運動に重点を置いて取り組んでおります。
ブラウンバッグ運動とは、患者さまが日常的に服用している処方薬、OTC薬(処方箋なしで購入できるお薬)、サプリメントなどをまとめて薬局までお持ちいただく事で、それぞれの副作用や、飲み合わせの相互作用などが確認できます。

合わせて、処方薬については、飲み残し薬の利用方法や服薬タイミングの確認など、患者さまとのコミュニケーションを密に取り、より安全で安心なお薬利用のお手伝いをさせて頂きます。

ブラウンバッグ

服薬指導

医師が患者さまの症状を診察し、治療に必要なお薬の種類や用法・用量・服用日数が記載された公的文書を処方箋といいます。処方箋には有効期限があり、4日以内に薬局へお持ちいただく必要があります。処方箋をお渡しいただくと、薬剤師が内容を確認し、飲み合わせや副作用の安全性を確認したうえ、必要に応じて医師に処方内容の不明点を確認し、患者さまに個々のお薬の説明をした上で薬をお渡しします。

サンプラザ薬局では、どこの店舗に処方箋をお持ちいただいても、患者さまにとってお薬が適正に使用できるか(アレルギー、同時に服用している薬との相互性、副作用、耐性の問題はないか等)をチェックさせて頂きますので、安心してご来局下さい。また、日頃から近隣医療機関の医師とも、綿密にコミュニケーションを取らせて頂いておりますので、ご不明な点などの確認もスムーズに行えます。

在宅医療の取り組み

サンプラザ薬局は、医師・歯科医師はもちろんのこと、患者さま・訪問看護師・ヘルパー・ケアマネジャー、様々な方と連携を取りながら、地域の在宅介護支援に取り組んでいます。

在宅医療とは?

薬局薬剤師の責務は、患者さまの生活を守り、支えるものだと考えています。患者さまにとって、病気の治療は病院をはじめとする医療が中心で、退院後はご家庭での治療が中心となります。私たちサンプラザ薬局は、地域に密着し、患者さまの生活に寄り添える存在でありたいと考えています。

最近では「在宅」という言葉が独り歩きして難しく感じるかもしれませんが、なんら特別なことではなく、薬局で提供させて頂く事が可能なものは、患者さまのご自宅でも同じようにご提供することができます。例えば、足の不自由な方には、薬局まで出向くことが困難なため、生活の場で処方されるようになるのは当然のこと。患者さまやご家族の負担軽減につながります。

サンプラザ薬局は医療機関の方々と良好な関係を築いていますので、医師提案型の在宅医療を行っています。同時に、患者さまのご家族とお話しをして、ご家庭の状態を把握することがきっかけで始まる薬局提案型の在宅医療、他職種の方々からのご相談を受けて取り組む在宅医療も行っています。

在宅医療では、血圧測定や酸素飽和度測定など訪問看護師が行うことを薬剤師も行え、リアルタイムで患者さまの状態を把握することが出来ます。ご自宅はプライバシーが確保された個室ですので、薬局では相談しにくいお悩みも気兼ねなく、話していただけるメリットがあります。

在宅医療はまだまだ認知されていないのが実情ですので、私たちからどんどん情報を発信していき、健康サポート、薬局機能の周知・拡大にもつなげていきたいと考えています。

在宅医療に関するお問い合わせはこちら >>

ページトップ